連合、参院選の対応方針を正式決定 競合、一本化を容認

有料会員記事

鬼原民幸
[PR]

 立憲民主党国民民主党を支持する日本最大の労働組合の中央組織・連合は19日、夏の参院選の対応方針を公表した。1人区での両党の競合を認めるほか、共産党を含む候補者調整についても政党の判断に任せると明記し、事実上容認する考えを示した。

 立憲、国民民主がそれぞれ公…

この記事は有料会員記事です。残り238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら