坪内逍遥大賞に松岡和子さん シェークスピア全戯曲を翻訳

有料会員記事

吉田芳彦
[PR]

 第19回坪内逍遥大賞(岐阜県美濃加茂市主催)に19日、翻訳家で演劇評論家の松岡和子さん(80)が選ばれた。松岡さんは、シェークスピアの全37戯曲を1993年から28年の歳月をかけて翻訳。訳した戯曲の稽古に必ず立ち会うなど、現代にふさわしい感覚の訳稿を仕上げ、演劇界の発展に大きく貢献したと評価された。

 松岡さんは「大坪内の名を冠したこの賞をちょうだいするのは、何にもまさるよろこびであり、大きな誉れです」と談話を寄せた。

 発表には、選考委員長を務め…

この記事は有料会員記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら