部下をクレーンで振り回し、服のまま泳ぐよう強要 被告に懲役2年

有料会員記事

仙崎信一
[PR]

 鹿児島県薩摩川内市の橋の補修工事現場で作業員がクレーンで振り回される暴行を受けた事件で、暴行、傷害、強要の罪に問われた山下昌司被告(43)に対し、鹿児島地裁は19日、懲役2年(求刑懲役3年)の実刑判決を言い渡した。作業員は服のまま泳ぐよう指示されて水死した。此上恭平裁判官は「作業員の安全に配慮すべき現場責任者として責任は重い」と述べた。

 判決によると、山下被告は昨…

この記事は有料会員記事です。残り655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら