2千件の資料、10年かけ調査 研究者がたどり着いたマンボウの重さ

有料会員記事

矢田文
[PR]

 硬骨魚の重さランキングを決めたい――。研究者の澤井悦郎さんは、そんな目標を胸に研究に取り組んでいる。記録に残る最重量はマンボウ類のウシマンボウだが、別種のマンボウなども含めた重さの調査成果をまとめた。

 マンボウ類は、温帯から熱帯の海に生息し、体の後ろを切り取ったような独特な形態が特徴だ。「マンボウ」と総称して呼ぶことも多いが、マンボウ属のマンボウやウシマンボウ、ヤリマンボウ属のヤリマンボウなどがいる。

 魚類全体ではサメやエイといった軟骨魚が大型種の上位を占める。だが、硬骨魚に限定すれば、最も重い魚は1996年に千葉県鴨川市で漁獲されたウシマンボウの2300キログラム。これは最重量の硬骨魚としてギネス世界記録にも認定されている。

 過去にはウシマンボウ以外に…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら