ホームに立つ女性の姿にぴんときた運転士 客も機転、飛び込み防いだ

小陳勇一
[PR]

 女性が線路に飛びこもうとしている。止めなければ――。ホームで気付いた電車の運転士と、居あわせた客がとっさに協力し合い、自殺を思いとどまらせた。「そうあることではない」(警察関係者)と話す連係プレーが一人の命を救った。

 福岡県警久留米署は4月27日、西日本鉄道社員の千代島信義さん(56)とアルバイトの内川紗希さん(20)に感謝状を贈った。

 騒ぎがあったのは、昨年12月26日の午後10時ごろ。西鉄天神大牟田線の上り普通列車を運転していた千代島さんは、花畑駅(久留米市)に停車後、追い越していく急行を誘導するためホームに降りた。

 見ると、若い女性が1人で立っている。「初めて電車に乗るような、不自然な感じだった」

 急行を案内しようと声をかけたが、女性は、ぼそぼそと何かをつぶやいてホームの端へ向かった。

 千代島さんは慌てて駆け寄り、女性を引っ張る。女性は必死に線路に近づこうとする。その繰り返し。急行列車が迫る中、周りにはだれもおらず、助けも呼べない。

 その時、線路を挟んだ下りホームに女性客の姿が見えた。「すみません。駅員を呼んできてください」

 声をかけられた内川さんはサンドイッチ店での仕事を終え、帰宅するところだった。事態に気付き、エスカレーターを駆け下りて改札の駅員に説明、上りホームへ駆け上がった。

 駅員らも数人集まったが、全員男性。横たわって暴れ、泣き叫ぶ女性を押さえ込むのに気後れしていると、内川さんが女性に覆いかぶさった。

 「今まで頑張ってきたのに。死にたい」。そう漏らす女性に「頑張らなくていいよ」と声をかけた。自分も気持ちが落ち込むことはある。その時のことを思い出し、出た言葉だった。

 女性が落ち着いて救急隊が引き取るまで30分ほどあっただろうか。内川さんはずっと手を握っていた。千代島さんは「本当に助かりました」と振り返る。

 「女性が元気になってくれればいいのですが」。2人の願いだ。(小陳勇一)

◆悩みの相談先

【SNS相談】

〈NPO法人ライフリンク「生きづらびっと」〉

LINE @yorisoi-chat

チャット https://yorisoi-chat.jp/別ウインドウで開きます

(月・火・木・金・日曜の午後5時~同10時半、月・水・金・土曜の午前11時~午後4時半)

〈NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア「こころのほっとチャット」〉

LINE/Twitter/Facebook @kokorohotchat

チャット https://www.npo-tms.or.jp/public/kokoro_hotchat/別ウインドウで開きます

(毎日の正午~午後3時50分、午後5時~同8時50分、午後9時~同11時50分など)

〈NPO法人あなたのいばしょ〉

チャット https://talkme.jp/別ウインドウで開きます

(24時間対応)

〈NPO法人BONDプロジェクト〉

※10代、20代の女性のための相談を実施。LINE @bondproject

(月・水・木・金・土曜の午前10時~午後10時)

【電話相談】

〈#いのちSOS〉

0120・061・338

(月、木曜は午前0時~翌午前0時、火・水・金・土・日曜は午前8時~翌午前0時)

いのちの電話

0570・783・556

(毎日の午前10時~午後10時)

〈チャイルドライン〉

※18歳までの子どものための電話

0120・99・7777

(毎日の午後4時~同9時)

チャット相談(https://childline.or.jp/chat別ウインドウで開きます)も

(実施日はサイトに掲載、午後4時~同9時)

※2022年7月1日現在