「米軍退いた医師」に送料150万円 郵便局員「おかしい」と説得

奥正光
[PR]

 SNSを通して架空の外国人を名乗り、恋愛感情を利用して金を振り込ませる「国際ロマンス詐欺」を防いだとして、大分津留郵便局(大分市)の土屋奈津子さん(37)と後藤有希さん(38)の2人に、大分中央署から17日、感謝状が贈られた。警察に通報することを拒否されても粘り強く説得し、被害を防いだという。

 同署や2人によると、4月5日午前10時半ごろ、60代の女性が郵便局の窓口で「送金したい」と申し出た。女性は、3月にSNSで知り合い「米軍を退いた医師」を名乗る男に、イラクからの荷物の送料として150万円を求められ、送金しようとしていた。

 後藤さんは不審に思った。「金額も高額で、荷物を受け取っていないのに先に送料を振り込まないといけないのはおかしい」。後藤さんから相談を受けた土屋さんも、地球のどこに送っても、送料はそんなにかからないと思った。

 女性に「警察に話をしたい」と伝えても、相手を信じ切っていて「知り合いだから困る」と拒まれた。それでも諦めずに、続けた。「150万円なくなってもいいですか」。同署に電話して警察官が駆けつけ、被害を免れた。

 矢野哲幸署長は「本当に勇気ある行動。女性の不審な行動に気づき、説得して納得してもらえなくても警察に電話していただいた」とたたえた。

 土屋さんは「普段からお客様をよく見て、みんなで詐欺があったら食い止めようねと話していたので大変うれしい」。後藤さんは「お客様の大切な財産を守ることができた。これからも気をつけていきたい」と話していた。(奥正光)