知床観光船事故、「飽和潜水」で手がかり見つからず 20日も継続へ

有料会員記事

【動画】飽和潜水による捜索が始まった=依知川和大撮影
[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、海上保安庁が依頼した民間の潜水士が19日、「飽和潜水」によって海底まで潜り、船内の捜索にあたった。潜水士が直接、船の内部を確認したが、行方不明者につながる手がかりは見つからなかった。

 海上保安庁によると、潜水士3人が海底の水圧に体を慣らしたうえで、午後3時半ごろに作業台船から水中エレベーターで降下を開始。水深約120メートルの海底付近まで下りた後、午後5時ごろから1時間半ほど、船内の客室を中心に捜索したという。潜水士3人はいったん船上に戻り、20日も捜索を続ける。

 今回の事故では、なお12人…

この記事は有料会員記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。