ドコモショップ約700店削減へ 全国の約3割、オンライン販売強化

有料会員記事

杉山歩
[PR]

 NTTドコモは、携帯電話の販売店「ドコモショップ」を今後数年間で約3割減らす方針を決めた。現在は全国に2302店あり、そのうち約700店を閉店することになる。オンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」の利用者の増加などにより、来店者数が減っているためで、販売方法の見直しを進める。

 携帯電話大手のショップの多くは、商社のグループ企業や地方企業が代理店契約を結んで運営している。

 ドコモ関係者によると、ドコモショップは今年度中にまず約100店舗を閉鎖する計画だという。

 同社によると、店頭での手続…

この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年5月23日15時20分 投稿

    【視点】オンライン専用プランの契約増によって、店舗での人件費をうまく削ることができたということですね。とはいえ、ドコモはシニアユーザーも多いため、約3割も店舗がなくなると困る高齢者も少なからずいそうです。なお、先日発表された決算によると、ドコモ・K