神宮外苑再開発 事業者がイメージ図初公開、4月から樹木調査始まる

有料会員記事東京インサイド

小林太一
[PR]

 東京・明治神宮外苑地区でスポーツ施設や高層ビルを新設する再開発計画の事業者は19日、これまでの経緯やまちづくりの方向性を伝えるプロジェクトサイトを新設したと発表した。971本の樹木を伐採する方針については、状態を確認する調査を4月から始めたことを明らかにした。

 再開発は三井不動産明治神宮日本スポーツ振興センター(JSC)、伊藤忠商事の4者が担う。サイトには上空から見た計画地やイチョウ並木、中央広場などのイメージ図に加え、開発後の野球場やラグビー場の配置図も掲載した。

 事業者がイメージ図を公開するのは初めてで、「外苑の歴史的特性を生かし、新たな100年に向けたまちづくりを進める」としている。着工は2024年の予定で、36年に工事が完了する方針を示した。

 樹木については「詳細な調査…

この記事は有料会員記事です。残り173文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]