20季ぶり優勝に迫る同志社大 「最強世代」の主将が注ぎ込んだ流儀

有料会員記事

佐藤祐生
[PR]

 関西学生野球の春季リーグ戦で、同志社大が2011年秋以来となる20季ぶり(20年春の中止を除く)の優勝を目前にしている。

 同大は昨秋まで4季連続で4位以下と低迷していた。

 なぜ躍進したのか。

 今季、同大の主将を務めるのは4年の青地斗舞(とうま)だ。

 青地は大阪桐蔭高出身。高校では「最強世代」と呼ばれ、18年に甲子園で同校2度目となる春夏連覇を遂げたときの2番・右翼手だ。

 3年の春夏ともに甲子園の全試合に出場し、選抜では21打数8安打の打率3割8分、第100回全国選手権は25打数10安打の打率4割をマークした。

 チームメートの根尾昂(あきら)はプロ野球中日に、藤原恭大(きょうた)はロッテに、主将だった中川卓也は早稲田大に進んだ。

 同大に進んだ青地は野望を抱いた。

 「次は自分が中心となって、勝てるチームを作りたい」

 1年のころから「主将になりたい」と思い続けた。

 昨秋は打率5割2分で首位打者のタイトルを獲得、中心選手として活躍し、チームが代替わりした昨秋、花野巧監督から指名を受けた。

 主将に就任した昨年11月、部員らを前に「日本一のチームをつくる」と宣言した。

 「元々、個人主義なタイプ。主将力はなかった」

 そんな青地が参考にしたのが、大阪桐蔭の西谷浩一監督(52)や1学年上の主将、福井章吾(慶大―トヨタ自動車)だった。

 「2人は人の意見を否定せず…

この記事は有料会員記事です。残り1087文字有料会員になると続きをお読みいただけます。