「子どもに投資を」 サッカー堂安兄弟、地元尼崎に凱旋 教室も開校

中塚久美子
[PR]

 兵庫県尼崎市出身で男子サッカー日本代表として昨年の東京五輪に出場した堂安律選手(23、オランダ・PSVアイントホーフェン)と兄で元Jリーガーの憂さん(26)が19日、稲村和美市長を表敬訪問した。五輪でのプレーや、地元で兄弟が開校したサッカー教室について報告した。

 堂安選手は東京五輪でエースナンバーの背番号10を背負う中、尼崎での応援動画をみて、「リラックスできた」と話した。堂安兄弟は4月、JR尼崎駅前の大型商業施設「あまがさきキューズモール」の屋上で、園児~小学生対象のサッカー教室「NEXT10 FOOTBALL LAB」を始めた。毎日電話で指導方法などを話し合い、構想から約2年で実現した。

 堂安選手は「サッカーで成功した海外の選手は、自分の国で子どもたちに投資するのが普通の感覚。その姿にあこがれていたので、何かやらないといけないと思っていた」と明かした。憂さんは「プロになることだけではなく、そのためにどれだけ努力したかが人間力の向上につながるということを、子どもたちに伝えたい」と話した。中塚久美子