おらが街PR、得点王は誰だ J2水戸選手が「貢献ポイント」争い

有料会員記事

古源盛一
[PR]

 サッカーJ2水戸ホーリーホックの選手たちが、チームのホームタウンとなっている9市町村のPR大使に就任し、熱き「得点王」争いを繰り広げている。その名も「おらが街PRリーグ2022」。今季リーグ戦が終わる10月まで、担当市町村のPR活動を通じて獲得できる「貢献ポイント」を競い合う。

 3月、PR大使を決めるオンラインの指名ドラフト会議が開かれた。9市町村(水戸、ひたちなか、那珂、笠間、小美玉各市、城里、大洗、茨城各町、東海村)の広報担当者が次々に選手を指名していく。指名が重複した場合は、秋葉忠宏監督(46)が代理でくじを引いた。

 その結果、市町村ごとにPRリーダー1人、サポートメンバー2~3人が決まった。全体の統括リーダーには新里涼主将(26)が選ばれた。各市町村のPR大使のサポートに回る。

 リーグのルールは、細かく設定されている。

 勝負を左右するのは、ホーム…

この記事は有料会員記事です。残り904文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら