始まりは誤って印刷した1枚の用紙 4630万円誤入金騒動の背景は

有料会員記事

豊島鉄博、板倉大地 大藤道矢、太田原奈都乃 柴田秀並
[PR]

 山口県阿武町から誤って入金された金を別の口座に振り替えたとして、山口県警は18日、無職田口翔容疑者(24)=同町福田下=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認め、「ネットカジノで使った」と供述しているという。

 田口容疑者の口座からは誤入金された4630万円のほぼ全額が出金されており、県警は使途の裏付けを進めている。

 逮捕容疑は4月12日、田口容疑者名義の口座に町が誤って入金したものと知りながら、4630万円のうち400万円をスマホのオンライン決済の代行業者の口座に振り替えたというもの。

 阿武町によると、田口容疑者が山口市内から町に転入してきたのは、2020年10月。町の「空き家バンク」制度を利用し、山あいにある、家賃が月額2万5千円の古い一戸建てに移り住んだ。

卒業アルバムに書いた「持ち金つかいはたす」

 大家の70代男性は、おとな…

この記事は有料会員記事です。残り2061文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら