「街から書店がなくなったから」 建築家は本屋さんになった

有料会員記事

天野光一
[PR]

 【愛媛】「街から書店が失(な)くなったから古書・新書・書籍店はじめました」

 松山市の中心街にある事務所の入り口に、こんな文言を書いたポスターが出現した。レトロな双発旅客機を窓ガラスにプリントした、カフェのような外観の店。ウィンドーをのぞくとおしゃれなデザインの本の表紙が並ぶ。「何の店だったかな」と時折立ち止まる人もいる。

 ドアを開けると、ポスターの作者である店主が穏やかな表情で迎えてくれる。建築家・アートディレクターの山田徹さん(67)だ。

 「書店は街の顔ですから、大切なものです」。店頭のポスターの意味を聞くと山田さんはこう切り出した。

 今年、店の近くにあった大手のジュンク堂書店松山店が移転し、アーケード街にあった老舗の明屋(はるや)書店松山本店が閉店した。「地域課題の解決」を仕事のモットーに掲げる山田さんの心にひっかかりができた。

 商品となる本はあった。仕事…

この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら