脱炭素へ20兆円を支出 岸田首相表明 新たな国債の発行検討

有料会員記事

岩沢志気
[PR]

 岸田文雄首相は19日、脱炭素社会の実現に向け、政府が今後10年間で20兆円を投じる方針を表明した。新たな国債を発行し、脱炭素に取り組む企業への補助金などに充てることを検討する。民間企業の投資を引き出すために、長期にわたる前例のない規模の支援を行うとしている。

 この日、首相官邸であった「クリーンエネルギー戦略」に関する有識者懇談会で表明した。

 岸田首相は、少なくとも今後10年間で官民で150兆円超の新たな関連投資を実現するとしたうえで、政府として20兆円規模を支援する方針を明らかにした。その財源として、新たな国債「GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債」(仮称)の発行を検討する考えも示した。

 岸田首相は「従来の予算を毎…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。