「スマホのカジノ」に夢見た1千倍 数秒にかけたスリルの末に

有料記事

堀之内健史
[PR]

 山口県阿武町から誤って入金された4630万円を別の口座に振り替えたとされる電子計算機使用詐欺事件。逮捕された容疑者は、町から振り込まれた金を「ネットカジノで使った」と供述しているという。海外を拠点とするオンラインカジノで借金をつくり、債務整理をした男性が、手軽さからのめり込んでいった経験を語った。

 取材に応じてくれたのは、大阪市の30代の会社員男性。副業で、自転車で食べ物を届ける「ウーバーイーツ」や「出前館」の配達員もしている。

 平日は午後5時から4時間。休日は休憩を挟みながら終日働き、25軒ほど回る。

 先天性の心臓病のため、医師から激しい運動を禁じられているが、妻と幼い子どものため、続けざるを得ない理由がある。

 2年前。インターネットで見た動画がきっかけだった。

 厚生労働省が2017年に公表した調査では、国内で1度でもギャンブル依存症になった疑いがある人は約320万人とされる。ギャンブル依存の相談は、全国の保健所や精神保健福祉センターで受け付けている。

 絵柄がそろい、的中音が鳴り…

この記事は有料記事です。残り1530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。