日米で大きな戦略の対話を バイデン大統領の日韓訪問、狙いと課題は

有料会員記事

ワシントン=望月洋嗣
[PR]

 バイデン米大統領が20日から24日にかけて韓国、日本を訪問します。マイケル・グリーン元米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長に米側の狙いと課題を聞きました。

 国際秩序と米外交政策は過渡期にあります。バイデン大統領は今回の訪日で、岸田文雄首相と大きな戦略の話をするべきでしょう。

 ウクライナ危機対応では、民主国家が痛みとリスクを取って立ち上がり、ロシアに制裁を科しました。

 日米を含む世界各国と中国の経済的な相互依存は、ロシアの場合に比べてずっと高い。しかし、日韓を訪問するバイデン氏が中国に発する暗黙のメッセージは、「中国が日本に挑戦し、台湾を脅かし、太平洋諸国で軍事的な拡張を試みるなら、世界のGDPの60%を占める国々の集団をつくる能力がある」ということでしょう。

 バイデン氏のアジア政策には…

この記事は有料会員記事です。残り756文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら