財務省の総括審議官、電車内で乗客への暴行容疑で逮捕

[PR]

 走行中の電車内で乗客を殴ったなどとして、警視庁が20日未明に財務省の総括審議官、小野平八郎容疑者(56)を暴行容疑で現行犯逮捕していたことがわかった。同庁は認否を明らかにしていない。

 玉川署によると、小野容疑者は20日未明、東京都内を走行中の東急田園都市線の電車内で、近くにいた乗客を殴ったり蹴ったりした疑いがある。駅員から110番通報があり、駆け付けた署員が東急田園都市線桜新町駅の改札口付近で小野容疑者を確保した。

 小野容疑者は当時、酒に酔っていたという。

 総括審議官は、財務省大臣官房に置かれた局長級ポスト。人事や国会対応のほか、政府の経済政策の方向付けをする「経済財政諮問会議」などのとりまとめを担う要職だ。過去の事務次官経験者でも太田充氏ら多くが総括審議官を経験している。

 来春に任期満了を迎える日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁の後任人事をめぐっては、夏の参院選以降に本格化するとみられる選定作業で、小野容疑者は財務省側の調整役の一人として注目されている。

 同省秘書課は「担当者が事実確認中」としている。