国後島で新たに遺体発見、沈没した観光船の乗船者か 飽和潜水も再開

有料会員記事

[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部小樽市)は20日、北方領土国後島で1人の遺体が発見されたと、ロシア側から連絡があったことを明らかにした。身元はわかっていないが、海上保安庁はカズワンの乗船者の可能性があるとみて情報収集を進めている。

 連絡は19日にロシア側から、サハリンの在ユジノサハリンスク日本総領事館にあった。海保は外務省から連絡を受けた。見つかったのは国後島の西岸とされ、性別や年齢など詳しい情報は入っていないという。

 事故をめぐっては、なお12…

この記事は有料会員記事です。残り302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら