ロシアの空爆、マリウポリで激減 ドンバスは一進一退か 米国防総省

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=清宮涼
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、米国防総省高官は19日、ロシア軍が包囲してきたウクライナ南東部マリウポリで、ロシア軍による空爆の数が大きく減少したと指摘した。製鉄所「アゾフスターリ」で抵抗を続けていたウクライナ兵が任務の完了を報告し、退避していることが背景にあるとみられる。

 マリウポリには、ロシア軍が激しく空爆を続けてきたが、製鉄所「アゾフスターリ」からウクライナ兵がロシア側に退避している。国防総省のカービー報道官は19日の会見で、「すべての捕虜はジュネーブ条約と戦時国際法に従って取り扱われるべきだ」と指摘。状況を注視しているとした。

 また同省高官によると、北東…

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら