与那国育ち24歳、地元舞台に映画 池松壮亮さん「強い意志感じた」

有料会員記事

伊藤和行
[PR]

 日本最西端の沖縄・与那国島は、与那国語やヨナグニウマなど独自の文化や自然が根付いている。そんな島を舞台にした映画「ばちらぬん」が、沖縄の本土復帰50年にあわせ、全国で順次公開中だ。島で育ち、不登校を機に映画に出会った女性が主演・監督した。

 「ばちらぬん」は、ユネスコ国連教育科学文化機関)が消滅危機言語とした与那国語で「忘れない」の意味。昨年9月、多くの映画監督が輩出した「ぴあフィルムフェスティバル」の自主映画コンペティションでグランプリを獲得した。

 与那国島はかつて台湾などアジアとの交易で栄えた。日本とも沖縄本島とも異なる独自の文化が根付く。1972年5月15日、米国からの施政権返還で日本に復帰した。その後、50年の時をへて、その文化や風習も移り変わった。

 作品は、主演・監督の東盛あ…

この記事は有料会員記事です。残り739文字有料会員になると続きをお読みいただけます。