日産と三菱自、「100万円台」軽EVを今夏発売 EV普及後押し

有料会員記事

神山純一
【動画】日産自動車と三菱自動車が共同開発した「eKクロスEV」=藤原伸雄撮影
[PR]

 日産自動車三菱自動車は20日、共同開発した電気自動車(EV)の軽自動車「サクラ」と「eKクロスEV」を今夏発売すると発表した。国と自治体のEV購入補助により、100万円台前半というガソリン車並みの価格で買える地域もある。軽は国内販売の4割近くを占め、軽EVの登場が日本のEV普及を後押しすることになりそうだ。

 日産が開発し、三菱の水島製作所(岡山県倉敷市)で組み立てる。希望小売価格は、日産が消費税込み233万3100円から、三菱は239万8千円から。国のEV購入補助金55万円により、200万円以下で買える。東京都ではさらに45万円の補助が上乗せされ、100万円台前半とガソリン車の軽並みの価格で買える。

 国内で売られている乗用車のEVは、軽以外の登録車がほとんどだ。軽は車両価格が安いのが魅力だが、車載電池の価格が高いことが軽EVを開発する上での課題とされてきた。

 そのため、日産と三菱の軽EVは、フル充電で走行できる距離を180キロに抑えて価格を下げた。軽自動車は主に買い物や通勤通学などに使われており、日産によると1日あたりの走行距離は半数以上が30キロ以下だった。180キロは「日常使いには十分な距離」(担当者)という。

 水島製作所で20日に開かれ…

この記事は有料会員記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。