「手が届くEV」を 過去の教訓生かし日産、三菱自が求めたバランス

有料会員記事

神山純一、千葉卓朗、福田直之
【動画】日産自動車と三菱自動車が共同開発した「eKクロスEV」=藤原伸雄撮影
[PR]

 日産自動車三菱自動車が、軽自動車の電気自動車(EV)を今夏発売する。両社はかつてEVで先行したが、高価で売れ行きが伸びなかった教訓から、補助金込みで100万円台半ばとガソリン車並みの価格を打ち出した。「手が届くEV」の登場は、日本のEVシフトを加速させられるのか。

 今回のEVは車のサイズや航続距離といった基本構造が同じだ。ガソリン車の車台を改造し、日産のEV「リーフ」で使ってきた車載電池を中国系電池メーカー、エンビジョンAESCから調達した。両社のブランドで売る車を大量生産して、開発費や部品の調達費用などのコストを抑える。

 日産と三菱自は国内EVのパイオニアだ。三菱自は2009年に軽のEV「アイミーブ」を、日産は10年に普通車のEV「リーフ」を発売した。当時、日本はEV先進国だったが、それから10年以上たっても市場は拡大していない。

 アイミーブは累計販売2万4…

この記事は有料会員記事です。残り1270文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら