スタッフ6人、準備は3カ月 それでもWEリーグ最多入場者 内幕は

有料会員記事

堤之剛
[PR]

スポーツ好奇心

 選手を後押しする太鼓の大きな音が響き、ピッチを囲む360度の方向から手拍子が沸き立つ。

 東京・国立競技場で初となる日本女子プロサッカー「WE(ウィー)リーグ」の試合に、リーグ史上最多の1万2330人が詰めかけた。

 5月14日にあったリーグ初年度優勝のINAC神戸と、2月に皇后杯を制覇した三菱重工浦和の試合。浦和が1―0で勝った試合はプレーのたびに盛り上がった。

 日本サッカー界では「聖地」とも評される特別な場。I神戸がホーム試合として開催し、採算は黒字をたたき出した。

 それまでのリーグ1試合平均入場者は約1400人。しかし収容約6万8千人の国立競技場での開催に、I神戸は入場者2万人を目標に定めた。

 準備期間は3カ月。

 I神戸のクラブスタッフは社長を含めて6人だけだ。

 社長、広報の男性、2、30代の女性スタッフ4人。しかも、4人の女性スタッフはプロ興行に携わるのは昨年9月に始まったこのWEリーグが初めて。「ルーキー軍団」と呼ぶスタッフもいた。

 それでも、いかに集客につなげたのか。

 スタッフの一人は明かす…

この記事は有料会員記事です。残り1706文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら