広島平和式典、ロシアとベラルーシ招かず 席数はコロナ禍前の3割に

有料会員記事

大久保貴裕
[PR]

 広島市は20日、原爆投下から77年となる8月6日の平和記念式典にロシアとベラルーシの代表を招待しないことを明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻を踏まえた判断という。

 式典の席数は約3550席で、コロナ禍前の3割程度まで戻す。事前申込制で一般席や外国人席も設ける。感染拡大防止のため、2020、21年の式典では880席に絞り、一般席などは設けなかった。

 広島市は例年、外国の代表に…

この記事は有料会員記事です。残り189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら