自民、山形選挙区に候補擁立へ 方針一転、国民民主と折り合わず

有料会員記事自民国民

[PR]

 自民党は夏の参院選で、山形選挙区(改選数1)に候補者を擁立する方針で最終調整に入った。独自候補をたてず、国民民主党現職の舟山康江氏を推薦するという異例の対応を検討していたが、国民民主側と折り合わなかった。

 近く党の山形県連に方針を伝えた上で、舟山氏にも連絡するという。

 山形選挙区で自民は過去2回…

この記事は有料会員記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら