「れいわ旋風」起こした山本太郎氏 なぜ参院くら替えを選んだのか

有料会員記事れいわ参院選2022

小手川太朗
[PR]

 れいわ新選組山本太郎代表は20日、夏の参院選に東京選挙区(改選数6)から立候補すると表明した。東京都内で記者会見した山本氏は「調査で当選ラインに絡めるとの結果だった。党勢を拡大して、権力の暴走に何とかブレーキをかけたい」と話した。

 山本氏は元俳優で、2013年参院選の東京選挙区で初当選。同党を立ち上げて臨んだ19年参院選では比例区で落選。昨年10月の衆院選比例東京ブロックで国政復帰を果たしたものの、今回の参院選にくら替えするため、今年4月に辞職した。立候補する選挙区は明かしていなかった。

 山本氏は東京選挙区を選んだ…

この記事は有料会員記事です。残り1557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年5月20日20時37分 投稿

    【視点】混戦必至の参院選東京選挙区の前哨戦として個人的に注目しているのは、22日投票・23日開票の東京都中野区議補選です。自民、共産、維新、都民ファースト、生活者ネット(立憲議員らが支援)、無所属の計6人が1議席を争っています。昨年の衆院選で議席を

あなたにマッチする政党は?

あなたにマッチする政党は?

政策などに関する質問に答えると、あなたの考え方と政党・候補者の一致度が分かります。[記事一覧へ]