【詳報】訪日したバイデン氏、台湾防衛に関与「イエス。それが誓約」

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領が22日、大統領に就いて初めて日本を訪問した。23日に岸田文雄首相と日米首脳会談を開き、米国が主導するインド太平洋経済枠組み(IPEF)の創設を発表。24日には、日米豪印(クアッド)首脳会合に参加する。ロシアのウクライナ侵攻や、台頭する中国などに対し、日米両首脳がいかに主導力を発揮できるのかが焦点だ。バイデン氏の訪日中の動きを追いかける。

■■■5月24日(日本時間)■■■

19:30

中国・ロシア爆撃機が共同飛行 岸防衛相「我が国への示威行動」

 岸信夫防衛相は、中国の爆撃機2機とロシアの爆撃機2機が日本海で合流し、東シナ海から太平洋まで長距離にわたる共同飛行を行ったと発表した。防衛省航空自衛隊の戦闘機を緊急発進させて監視した。中ロ両国には外交ルートを通じて「重大な懸念」を伝えたという。

 岸氏は記者団の取材に、「日米豪印の首脳会合が開催されているなかでの我が国近傍での中ロの軍事演習は、開催国たる我が国に対する示威行動を意図したものだ。これまでと比べ、挑発度を増すものと考える。懸念を抱かざるを得ず、看過できない」と非難した。

18:20

日印首脳会談はじまる 岸田氏「二国間関係の強化を議論したい」

 岸田文雄首相とモディ首相の首脳会談が迎賓館で始まった。両首脳による会談は、今年3月に岸田首相がインドを訪問して以来となる。岸田首相は冒頭のあいさつで、「日米豪印の首脳会合では、法の支配の重要性や、力による一方的な現状変更への強い反対のメッセージを発出できたことを大変心強く思う」と述べた。その上で「自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力、あるいは二国間関係のさらなる強化、こうしたことについて議論したい」と語った。

18:10

バイデン氏、大統領専用機「エアフォース・ワン」に搭乗、帰国へ

 米軍横田基地東京都)に到着したバイデン大統領は24日夕、大統領専用機「エアフォース・ワン」に搭乗した。バイデン氏は機内に入る直前には、タラップ上から見送りに来た人たちや報道陣に手を振った。同機はその後、離陸した。

18:05

バイデン氏、米軍横田基地に到着

 バイデン大統領を乗せた大統領専用ヘリコプターが24日夕、米軍横田基地(東京都)に着陸した。現地には、バイデン氏の帰国を見届けるため、エマニュエル駐日米国大使らが姿をみせた。バイデン氏はヘリを降り、かけていたサングラスを外し、米政権高官らとあいさつをした。

17:50

安倍元首相、インド首相と会談 「タイミング、意義よかった」

 安倍晋三元首相は、東京都内のホテルで日米豪印4カ国(クアッド)首脳会合のため来日中のインドのモディ首相と面会した。森喜朗元首相も同席した。

 安倍氏は面会後、記者団に「ウクライナへのロシアの侵略を受け、インド太平洋地域の民主主義国家である日米豪印が日本に集まって、世界に向けて地域の平和と安定に責任を果たしていく意思を示したことは極めてタイミング、意義においても良かった」と語った。

 モディ首相からは、日本での開催について、安倍政権時代に日印関係の発展のため努力をしてきたことが「下地となっている」と評価する発言があったという。

 安倍氏は森氏の後任として日印の政治経済や文化交流を推進する日印協会の会長に就任した。

17:30

帰国のバイデン氏、東京都内の米軍施設に

 バイデン米大統領を乗せた車列が24日夕、東京都内の米軍施設に入った。バイデン氏はここで大統領専用ヘリコプターに乗り換え、大統領専用機「エアフォース・ワン」が待つ米軍横田基地に空路で移動する。

17:20

菅前首相、インド首相と会談 「多くの人をインドに、と要請あった」

 菅義偉前首相は、東京都内のホテルでインドのモディ首相と会談した。終了後、記者団の取材に応じた菅氏は「私が観光(政策)をやっているので、モディ首相が『多くの人をインドに送ってほしい』という話をした」と明らかにした。

 菅氏は首相時代に、初めて対面形式で行われた日米豪印4カ国(クアッド)首脳会合に出席していた。今回、ロシアとの結びつきが強いインドもクアッドに参加したことについて「ロシアのウクライナ侵攻を、一刻も早くやめさせなきゃならない。そういう中で参加したことはよかった」と語った。

 菅氏に近い自民党無派閥議員のグループがヒンドゥー教の神にちなんだ「ガネーシャの会」であることも話題にのぼった。菅氏は「『ガネーシャ』の由来を教えていただいた。『経済の神様』だ」と笑顔をみせた。

17:15

バイデン氏、ホテルを出発 帰国へ

 訪日中のバイデン米大統領を乗せた車列が24日夕、宿泊先の東京都内のホテルを出発した。日米首脳会談やクアッド首脳会議など、一連の主要日程を終えたバイデン氏は帰国の途に就く。

16:10

日豪首脳会談はじまる 岸田氏、総選挙の勝利に祝意

 岸田文雄首相と豪州のアルバニージー首相の首脳会談が迎賓館で始まった。岸田首相は、労働党を率いるアルバニージー氏が21日の総選挙で勝利したことに触れ、「アンソニーと呼ばせていただきますが、まずアンソニーが激戦の末、総選挙を勝ち抜き、首相に就任されましたことを心からお喜びを申し上げる」と祝意を述べた。

 岸田首相は、午前に開かれた日米豪印(クアッド)首脳会合に触れ、「ロシアによるウクライナ侵略は国際秩序の根幹を揺るがすものだ。我々はインド太平洋で同じようなことを決して起こさせてはならない」と強調。さらに「日豪両国が特別な戦略的パートナーシップを一層強化し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた取り組みを進めていくことがますます求められている」とあいさつした。

16:10

バイデン氏、宿泊先のホテルに戻る

 クアッド首脳会議やインド、豪州両国の首脳との個別会談などの日程をこなしたバイデン米大統領は24日午後、宿泊先の東京都内のホテルに戻った。首相官邸を出た大統領専用車などの車列をみた歩行者たちは、歩道からしきりに写真を撮っていた。

 バイデン氏はホテル到着後、米国大使館の職員たちと面会し、激励する。

15:20

米豪首脳会談 緊密な連携を確認

 バイデン米大統領と豪州のア…

この記事は有料会員記事です。残り13556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年5月24日9時24分 投稿

    【視点】今年前半のバイデン大統領訪日と、その際の日米豪印(クアッド)の首脳会談開催は、今年初めには固まっていました。その後にロシアによるウクライナ侵略が起きました。インド太平洋にとどまらず揺らぐ国際秩序の立て直しに向け、この日本での一連の外交イベン

  • commentatorHeader
    曽我豪
    (朝日新聞編集委員=政党政治、教育改革)
    2022年5月23日16時38分 投稿

    【視点】政治には、後から考えてあれが大きな分岐点だったと思うことがあります。 リアルタイムで進行中の日米首脳会談で、今後の日本の安全保障の道が選び取られつつあります。国会で経済安全保障推進法が成立し、さらに防衛費の大幅な増額は国際公約になります。