飲めないけど香りは最高 ワイン王国・山梨の高校生が醸す「17歳」

有料会員記事

米沢信義
[PR]

 山梨県農林高校甲斐市西八幡)の生徒たちが授業の一環として製造したワインが完成した。20日、生徒たちが自ら店頭に立ち、販売した。

 商品名は作った生徒たちの年齢にちなんで「17ans」(ディセタン)。フランス語で「17歳」を意味する。県産ブドウを使って同高の施設内で醸造し、白、赤、ロゼの3種類をそろえた。

 同高は「ワイン王国の次世代の人材を育てよう」と2020年に果実酒試験醸造免許を取得。食品科学科の約30人を対象にワインの製造から販売までを学ぶ授業をスタートさせた。

 経験が必要な発酵作業などは、県内のメーカー岩崎醸造で研修を受けた教員が指導。瓶詰めや包装まで生徒が手がけて700本を製造した。

開店前から行列、120本が40分で完売

 発売日の20日は、生徒4人…

この記事は有料会員記事です。残り357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら