咲き誇る「ここだけの高山植物」 盗掘などで激減も 北海道アポイ岳

有料記事

張春穎
【動画】花の季節を迎えたアポイ岳=張春穎撮影
[PR]

 太平洋を望む低い山で咲き誇る「ここだけの高山植物」――。そんな不思議に満ちた北海道様似(さまに)町のアポイ岳(標高810メートル)が、花の季節を迎えている。

 穏やかに晴れた5月16日、町アポイ岳保全係の植物担当学芸員・水永優紀さん(31)の案内で登った。

 「海と高山植物を望める全国的にも珍しい山です」と水永さんは話す。

 アポイ岳は、約1300万年前にプレート同士の衝突で形成が始まった日高山脈の南端付近にある。マントルが露出し、「かんらん岩」がつくる特異な土壌で構成される分、独自に適応した植物が多い。夏は海からの霧に覆われることがあり、涼しく、高山に近い環境も生む。

 アポイ岳の高山植物約80種…

この記事は有料記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!