フィンランドでロシアのガス供給停止へ NATO加盟申請を牽制か

有料会員記事ウクライナ情勢

パリ=疋田多揚
[PR]

 フィンランドのガス会社ガスムは20日、隣国ロシアからのガス供給が21日朝から停止されると明らかにした。20日、輸入先のロシアの国営ガス企業ガスプロムから通告を受けたという。

 フィンランド紙によると、ガスプロムがロシア通貨ルーブルでの支払いを求めていたことが一因で、支払期限が20日に迫っていた。ロシア側は他にも要求を重ねていたといい、フィンランド側はいずれも要求を拒んでいたという。

 フィンランドでは、エネルギ…

この記事は有料会員記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年5月21日9時19分 投稿

    【視点】ロシアという国は、一般的なイメージに反し、通商政策を地政学的な武器として使うということが、あまりない国である。旧ソ連諸国に対しては、自分たちの縄張りという意識があるので、DV的に経済的嫌がらせをすることは少なくないが、グローバル経済の中では