「銀行についたら電話してと」 特殊詐欺を4日間で2度防いだ行員

有料会員記事

蜷川大介
[PR]

 特殊詐欺を4日間で2度防いだとして、高知銀行長浜支店(高知市)が警察から感謝状を贈られた。支店を訪れたお年寄りの不安げな言動を、女性行員が見逃さなかった。取材に訪れた記者は、支店のATMコーナーに表れていた特殊詐欺被害阻止への意識の高さに驚いた。

 長浜支店は高知市南部の住宅街にある。海に近く、坂本龍馬像がある景勝地の桂浜も受け持ちエリアだ。窓口にはひっきりなしに客が訪れ、高知銀行の中でも忙しい支店だという。

 1月24日夕方、すでに支店はシャッターを下ろしていた。店外のATMを訪れた高齢の女性客がインターホンを押した。対応したのは窓口担当の西森千鶴さん(62)。客はけげんそうに「高知銀行のAさんから電話がきて、ATM前から電話してって言われたんやけど、Aさんっているやろか?」。ベテランの西森さんにAという名は記憶になく、おかしいと思った。

 女性を支店に招き入れ、山本由紀子次長(48)が詳しく話を聞いた。「市役所の職員から還付金があると電話があった。次にAさんから、ATM前で電話してと言われた」。女性が持っていた連絡先の電話番号は県外の市外局番で、山本次長は詐欺を確信。高知南署に通報した。

 3日後の閉店間際には、別の高齢女性が窓口にやってきた。「変な電話がかかってきて、銀行についたら電話してと言われて来たんよ」。対応した西森さんは特殊詐欺をすぐに疑い、山本次長が経緯を聞き取って高知南署に通報した。

 西森さんと山本次長は取材に、「お客さまが声をかけてくれたから、被害を食い止められた」と声をそろえた。

足ふきマット・貼り紙 詐欺防止へ決意

 その後、支店のATMコーナ…

この記事は有料会員記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら