誤入金後に1口座に3592万円出金 町「全額カジノは信じがたい」

有料会員記事

大藤道矢、太田原奈都乃
[PR]

 山口県阿武町から誤って入金された4630万円のうち400万円を別の口座に振り替えたとして、山口県警が住民の無職田口翔容疑者(24)=同町福田下=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した事件で、田口容疑者の口座から出金された金のうち約3592万円がカジノサイトの決済代行業者とみられる1口座に振り替えられていたことがわかった。同容疑者の代理人弁護士が明らかにした。

 弁護士によると、田口容疑者の口座に誤入金された当日の4月8日から11日にかけて、取引後すぐに口座から引き落とされるデビットカード決済による出金が複数回あり、4月10日から18日にかけて決済代行業者に約130万~約800万円の出金がほぼ連日あった。

 決済代行業者は3社で、いずれも海外のカジノサイトとの取引があるとみられるという。出金はそのうちの1社に、誤入金額の約8割にあたる計約3592万円が集中した。1日で700万~800万円が振り替えられた日もあった。

 県警は20日、田口容疑者を同容疑で山口地検に送検し、自宅を捜索した。調べに対し、誤入金の金を「ネットカジノで使った」と供述しているといい、県警は複数の出金先について捜査している。

 町も田口容疑者の口座から金…

この記事は有料会員記事です。残り532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら