スラダン木暮のシュート、高校野球実況に生きた ABCアナの信念

有料会員記事

聞き手・照井琢見
[PR]

 各界で活躍されるみなさんに、自宅で楽しめるDVDやCD、出版物などを紹介してもらう連載「私の逸点」。今回は、朝日放送テレビアナウンサーの横山太一さんが、漫画「SLAM DUNK」(スラムダンク)を紹介します。スポーツ実況やニュース番組の司会に通じる信念を学んだそうです。

   □  ■  □

 小学生のころ、友達から借りてハマったのが、高校バスケットボールを題材にした漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」です。

 野球少年だった私にも、バスケのルールを丁寧に教えてくれるし、主人公の桜木花道もバスケ初心者。一緒に没入できました。いまも自宅に全巻そろえていて、通算100回は読んだんじゃないかと思います。

 なにより、登場人物全員が魅力的なんです。主要なキャラクターだけではなく、ライバル校の控え選手まで。

 桜木のいる湘北高校にとって、インターハイ出場をかけた大事な試合の終盤、レギュラーの三井寿(ひさし)がスタミナ切れで倒れてしまいます。

 湘北のレギュラーとベンチの…

この記事は有料会員記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら