中学時代の藤井祐眞 「なんだ、こいつ…」恩師が感じた決定的違い

有料会員記事

松本龍三郎
[PR]

 ディフェンスではどんな相手にも食らいつき、ルーズボールに飛び込むのは頭から。チームが苦しい時間帯に、厳しいマークを受けながらシュートをねじ込む――。

 B1川崎ブレイブサンダースのポイントガード、藤井祐眞。リーグ屈指のタフさを誇る背番号「0」は、いつも見る者の心を熱くさせる。

 ガッツ、ハッスル、ファイト……。そんな言葉が似合う藤井の原点は、地元の島根・松江で過ごした中学時代にある。

 小学校でバスケを始めた藤井は、家の近所の湖東中学校へ進んだ。

 湖東中は、全国制覇の実績もあるバスケの強豪校として知られる。

 そこで「影響を受けた指導者」に今も挙げる、高橋千治さん(63)と出会った。

 潜在能力があったのは間違いない。だがすぐに試合に出られたわけではない。

 恩師が振り返る。

 「(藤井の)1学年、2学年上が、これもまた強くてね。でも彼は、先輩のいいところを、全部吸収する能力があったんです。だから人の良いところを認めて、自分の力にすることができた」

 藤井の学年は、部員が2人だけ。3年時は、主将がけがで戦列を離れ、自分1人でチームを引っ張らざるを得なかった。

 「結局、最後まともに動ける…

この記事は有料会員記事です。残り1007文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら