北朝鮮の発熱者の累計、人口の1割に迫る246万人に 実態は不透明

有料会員記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 新型コロナウイルスによるとみられる発熱者の急増が続く北朝鮮で、朝鮮中央通信が21日、4月末以降の発熱者が前日夕までの累計で246万640人になったと報じた。発熱者数は人口(約2600万人)の1割に迫る規模に増えたが、北朝鮮ではPCR検査の態勢も整っていないとみられ、感染拡大の実態は不明な部分も少なくない。

 同通信によると、20日午後6時までの直近24時間で、新たに21万9030人の発熱者が確認された。発熱者は連日20万人を超えているが、21日の朝鮮労働党の会議では「全国的な拡散状況が次第に抑制され、安定が維持されている」との評価が示されたという。発熱者のうち死者は累計で66人という。

 一方、韓国の国家情報院は1…

この記事は有料会員記事です。残り269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら