韓国の尹大統領が首相を任命 野党が一転同意、「不在」の長期化回避

有料会員記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領は21日、政権運営の要になる首相に韓悳洙(ハンドクス)氏を任命した。10日に政権交代した後も、国会で多数を握る進歩(革新)系野党の同意が得られずにいたが、前日に野党側の多くが賛成に転じて人事案が可決された。懸念された「首相不在」の長期化は回避された。

 韓氏は経済官僚出身。進歩系の盧武鉉(ノムヒョン)政権で首相を務め、尹政権と同じ保守系李明博(イミョンバク)政権でも駐米大使に就くなど政権の立ち位置を問わず要職を歴任してきた。経済や通商、外交の分野で豊富な経験を持つ。

 尹氏が韓氏を指名したのは…

この記事は有料会員記事です。残り163文字有料会員になると続きをお読みいただけます。