秋篠宮ご夫妻、「みどりの愛護」のつどいに出席 オンラインで交流

多田晃子
【動画】「お手植え」をする秋篠宮ご夫妻=第33回全国「みどりの愛護」のつどい実行委員会提供

 秋篠宮ご夫妻は21日、奈良県で開かれた第33回全国「みどりの愛護」のつどいにオンラインで出席した。皇太子時代の天皇陛下が毎年出席し、代替わりに伴ってご夫妻が引き継いだが、新型コロナの影響で出席は3年ぶりとなった。

 式典で、秋篠宮さまは「みどりの愛護活動への取り組みは大変意義深いものであり、皆様のご努力に対し深く敬意を表します」と述べた。ご夫妻は式典で表彰された人たちとオンラインで交流。緑と環境を守る活動を継続していくことへの期待を伝えたという。

 その後、関係者が別の会場で記念植樹をする様子を視聴。会場では、事前に収録された、ご夫妻がナラノヤエザクラの苗木を植える「お手植え」の様子が上映された。(多田晃子)