自民、参院山形選挙区で「擁立への思い強くなっている」 遠藤氏

有料会員記事自民

榊原一生
[PR]

 自民党遠藤利明選挙対策委員長は21日、夏の参院選山形選挙区(改選数1)について「擁立すべきではないかという思いが強くなっている」と述べた。同選挙区では、政府予算に賛成するなど与党寄りの動きを強める国民民主党の候補予定者への推薦を検討したが、独自候補の擁立に踏み切る見通しを示した形だ。

 訪問先の青森市内で記者団に…

この記事は有料会員記事です。残り163文字有料会員になると続きをお読みいただけます。