「反省」した隆の勝、トップで千秋楽へ 整体師の母が見た好調のわけ

有料会員記事

加藤秀彬
[PR]

 平幕隆の勝が11勝目を挙げ、結びを締めた横綱照ノ富士と首位並走で楽日へ。

初優勝狙う隆の勝

 「吹っ切れた」という隆の勝が、優勝争いの先頭に踏みとどまった。

 単独首位で臨んだ前日の若隆景戦は「(優勝を)思いっきり意識しちゃった」。前に勢いよく踏み込むのをちゅうちょし、あっけなく敗れた。

 この日は霧馬山に対し、立ち合いから強く当たった。四つに組むと、苦し紛れに足をかけてきた相手を冷静に突き落とした。

 「昨日の相撲を反省していけた」

 中学から角界入りして12年。三役は6場所経験したが、優勝の可能性を残して千秋楽を迎えるのは初めてだ。好調の理由は何なのか。

 整体師で、場所中も隆の勝を…

この記事は有料会員記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら