「あしなが学生募金」全国リレー 盛岡市で協力呼びかけ

藤井怜
[PR]

 【岩手】病気や災害で親を亡くした子どもへの支援を募る「あしなが学生募金」の全国リレーが5月から始まり、盛岡市で21日、県内の奨学生らが協力を呼びかけた。

 あしなが学生募金は全国の街頭で活動をしてきたが、新型コロナの影響で2019年10月を最後に自粛していた。47都道府県での本格的な募金リレーは2年半ぶりとなる。コロナ禍で奨学生は増加傾向にあり、昨年度は過去最高の約8500人にのぼった。

 県内では140人の学生が支援対象で、この日、盛岡駅前では約10人が募金を呼びかけた。幼いころに母をがんで亡くしたという大学4年生の有住龍星さん(21)は、高卒で就職を考えていたが、奨学金による支援で進学。将来は誰でも学べる場をつくりたいと考えている。「ぜひ協力してほしい。あしながという言葉も覚えてもらえたら」と話した。(藤井怜)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント