エアフォース・ワン、やっぱりもう少し飛びそう 交代遅れの原因は

有料会員記事

安倍龍太郎
[PR]

 「空飛ぶホワイトハウス」と呼ばれる米空軍の大統領専用機「エアフォース・ワン」のいまの機体が、もう少し長く飛び続けることになりそうだ。2024年中には最新の後継機と交代する予定だったが、後継機の製造が2、3年遅れそうだという。空色のエアフォース・ワンは22日にバイデン大統領を乗せて約3年ぶりに日本に着陸する。

 米メディアによると、17日…

この記事は有料会員記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら