東京生まれの佐田の海 1年だけ暮らした場所を「出身地」に選ぶわけ

有料会員記事

内田快
[PR]

 小結大栄翔にはたかれ、土俵のうえに伏した。

 平幕佐田の海は首をかしげ、口を真一文字に結んだ。名残惜しそうにしながら、土俵を下りる。4敗目。優勝争いでトップを走っていたが、一歩後退となった。

 「今日まで(トップに)加わってこられたのでね。それはそれでいいんじゃないですかね」

 優勝経験のない35歳は静かに話した。緊張したかと問われると、「多少緊張するのかと思ったが、いつも通りですね。いつも緊張しているので」と自嘲気味に笑った。

 出身地は、熊本、としている。

 生まれたのは東京だ。

 愛知、熊本と過ごしてから…

この記事は有料会員記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。