神戸市中央卸売市場で「魚河岸デー」 マグロ解体実演に子ども大興奮

黒田早織
[PR]

 【兵庫】市場や魚に親しんでもらおうと、神戸市中央卸売市場兵庫区)で21日、「魚河岸デー」が開かれた。普段は小売業者や飲食店関係者らしか立ち入れない市場の店舗が一般開放され、新鮮な魚を買い求める人たちが訪れた。

 来場者の目をひときわ引いたのは、マグロの解体の実演。専門店「魚半」の店頭では、体長約120センチ、57kgの愛媛産本マグロが解体されると大きな歓声が上がった。最前列で見入っていた子どもたちも「皮がべろんとめくれた」などと興奮した様子だった。他にも来場者が参加する「模擬せり」や、魚のさばき方教室などの催しがあり、訪れた人たちは活気ある市場の雰囲気を楽しんだ。(黒田早織)