ヤクルト川端慎吾34歳でも「ヤング」な理由 長岡ら打線ふるい奪首

有料会員記事

堀川貴弘
[PR]

(21日、プロ野球セ・リーグ 東京ヤクルトスワローズ9-2横浜DeNAベイスターズ)

 ヤクルトが前夜、明け渡した首位の座をすかさず奪回した。試合後、高津監督が「川端も含めてヤングスワローズ」と言った下位打線が勝利を呼び込んだ。

 この日は6番川端、7番内山壮、8番長岡の並び。内山は2年目の19歳、長岡は3年目の20歳だが、川端は17年目の34歳。それでもヤングとは……。

 昨季、代打で歴代2位の30…

この記事は有料会員記事です。残り564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。