立憲の泉代表、大阪で維新への対抗意識を強調 参院選に向けて講演

有料会員記事立憲

鬼原民幸
[PR]

 夏の参院選に向けて、立憲民主党泉健太代表は21日、大阪府を訪問して党勢拡大への支持を訴えた。「野党第1党」を目指すとしている日本維新の会の強固な地盤で、対決姿勢をみせた形だ。

 「一色に塗りつぶすためなら何でもやるという政治がよいわけがない。そんな気持ち悪い政治ではだめだ」。泉氏は大阪府高槻市で講演し、昨秋の衆院選では同市を含む選挙区で、維新と激しく戦って敗北したことをあげてそう訴えた。維新が政府に議論することを求めている「核共有」にも触れて、「時代のはやりのように言うのは本当に大きな誤り、間違い、恐ろしい発想だ」とも批判した。

 衆院選で躍進した維新は「野…

この記事は有料会員記事です。残り128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    曽我豪
    (朝日新聞編集委員=政党政治、教育改革)
    2022年5月23日16時47分 投稿

    【視点】国民民主党の公約を読み、この立憲民主党の泉健太代表の維新批判を読めば、野党が結集軸を失って因数分解される様は明らかでしょう。世論調査の結果も野党の分断状況が改めて明らかになったということかもしれません。 ただ、あれ? 何だか一年ほど前にこ