「私を見つけて」 遺留品のリュック、捜索班が感じたメッセージ

有料会員記事

戸田拓
【動画】知床観光船事故 「決して忘れない」漁師・古坂彰彦さんの思い=戸田拓撮影
[PR]

 クレーン2台が、ブリッジ状になった定置網をつり上げる。北海道斜里町のウトロ漁港にとって、日常の風景だ。午前6時、港を訪れた漁師の古坂彰彦さん(63)は、その様子をスマートフォンで撮影した。「美しいでしょ?」。古坂さんは少し誇らしげな笑顔で語った。

 観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が事故を起こしてから、23日で1カ月。古坂さんの胸の奥には、行方不明者の捜索に専念した12日間の記憶がいまだに鮮明に残る。「忘れられるわけがないよね」

     ◇

 「遊覧船が沈みそうだ」

 その日の午後、古坂さんのも…

この記事は有料会員記事です。残り1486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら