本物の「秘境」とは危険地帯 牙をむいた大地の突端 記者が見た知床

有料会員記事

網走支局長・神村正史
[PR]

 「『えっ、まさかあそこで……』というよりは、『とうとう起きてしまったか』としか思えない……」

 観光船「KAZUⅠ(カズワン)」の事故の翌日、記者に送られてきたメッセージの一部だ。送り主は、北海道のアウトドアの世界を深く知る元雑誌編集長だった。

 同じ感覚だった。もうかるからよそは船を出さなくても、うちは船を出そう――。こんな考えを持つ事業者が知床にいつか現れる。そう懸念していたのだ。

 知床取材が8年を超える記者は、知床の最大の魅力を「秘境」感だと考える。

 人を寄せつけない極めて厳し…

この記事は有料会員記事です。残り538文字有料会員になると続きをお読みいただけます。