「ハロー…以上」バイデン氏が金正恩氏にメッセージ 対核実験も言及

[PR]

 韓国を訪問中のバイデン米大統領は22日、北朝鮮核実験の再開に向けた準備を進めていることについて「北朝鮮がすることへの準備はできている」と述べた。ソウルで現代自動車の首脳と会談した後、代表記者団の質問に答えた。

 バイデン氏は「北朝鮮への対応については議論を尽くしてきた。米国の対応について心配はない」と語った。金正恩(キムジョンウン)総書記へのメッセージを尋ねられると「ハロー(こんにちは)」のあと、数秒おいて「ピリオド(以上)」とだけ述べた。

 北朝鮮は今年に入ってミサイル発射を活発化させており、3月には2017年以来となる米本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を宣言した。核実験の再開に向けても北東部の豊渓里(プンゲリ)核実験場での坑道の整備をほぼ終えているとみられる。

 バイデン氏は、北朝鮮の動きを強く懸念する韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領と21日に会談。同盟国への攻撃に対しても報復する意思を示すことで、敵国に攻撃を思いとどまらせる「拡大抑止」を提供することを確認した。