サダ関の夢、2代目佐田の海に託した 父子の大銀杏ゆった特等床山

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 勝った土俵下で水をつける前に天井を見上げるしぐさ。負けて唇をかむ、悔しそうな表情。

 テレビに映る佐田の海が、彼の父と重なって見える。

 「塩まきも、速攻の相撲もね。サダ関を見ているみたいで懐かしく思います」。元床山の床安さん(71)はうれしそうに語る。

 床安さんと佐田の海親子には、とても珍しい縁がある。

 父の大いちょうも、息子の大…

この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら